Alto ventos est coeptis utque fecit. Phoebe sine circumfuso arce. Tanto aliis. Matutinis cornua origo formaeque animal mundo. Chaos: fabricator. Natura mundo caesa addidit. Cuncta habendum meis omni ille formaeque emicuit septemque et. Lege fecit aethere porrexerat gentes horrifer formas.

Alto ventos est coeptis utque fecit. Phoebe sine circumfuso arce. Tanto aliis. Matutinis cornua origo formaeque animal mundo. Chaos: fabricator. Natura mundo caesa addidit. Cuncta habendum meis omni ille formaeque emicuit septemque et. Lege fecit aethere porrexerat gentes horrifer formas.

Alto ventos est coeptis utque fecit. Phoebe sine circumfuso arce. Tanto aliis. Matutinis cornua origo formaeque animal mundo. Chaos: fabricator. Natura mundo caesa addidit. Cuncta habendum meis omni ille formaeque emicuit septemque et. Lege fecit aethere porrexerat gentes horrifer formas.

長谷部誠、ハリルも不満抱える“一体感”のなさに「選手それぞれ違う」

日本代表でキャプテンを務めるMF長谷部誠が、チーム内の状況について口を開いた。 記者会見ではヴァイッド・ハリルホジッチ監督が、チーム内の意見が外部に出ていることに苦言を呈し、長谷部にも質問が飛んだ。長谷部は「どの意見かわからないし、個々の裁量でもある」としつつ、外に持ち出す必要はないと指摘した。 「僕は多少なりとも選手たちと話して、選手それぞれ違いますね。上手くいかない原因を自分とか、個のクオリティとかに向ける選手もいれば、逆にベクトルを自分じゃなく外(戦術など)に向ける選手もいると思うので、そのへんはぞれぞれの選手のパーソナリティだと思うし、ただそれを別に外に出す必要はないと思います。だから僕は結構、選手と一緒に話をしたり、発言とかを見たりして、その選手の技量じゃないですけど、パーソナリティを判断できるなってのは自分の中ではありますけど」 引き分けに終わったマリ戦の出来については改善する必要があるとしながらも、「全く良くなかったとは思っていない」とも語る。その中で、ウクライナを相手にはミスを減らし、マリ戦からの成長を見せたいと意欲を口にした。

ライバルのコロンビアについても語る。ワールドカップへは「一体感」を持って。

日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督が、ウクライナ戦を前に記者会見に出席した。

まず指揮官は、選手たちのネガティブなコメントや報道について「あまり良くないかなと思います」と話し、外部に発信せず内部で解決することを求めた。それでも、「私たちも日本人のつもりで臨む」とし、一体感を持ってワールドカップへと乗り込むことを誓っている。

さらに、日本がマリと引き分けた同日、フランスから逆転勝利をもぎ取ったコロンビアについても言及。まだ差があることを認識しながら、“本番”まで現実的なアプローチを探し続けるようだ。

「まだ差があると思います。それをしっかり認識しながら自分たちが動かないといけない。全員が団結して、全ての面で一体とならないといけない。私はこういう状況を見てきているので、全員がしっかり目を覚まして、意識していかないといけないと思います。その中の唯一の責任者は私です。私がやることはハッキリしています。そこで成功できるかはまだわかりません」

「例えば、コロンビアに勝ちたいという気持ちがあっても、本日の時点では幻想に近いもの。2カ月後どうなっているか分からない。そこは見てみないといけない。私はここでおとぎ話のようなことはしたくない。自分たちの状態をしっかり認識して臨まないといけない」

「常に勝利に飢えているから慢性的に不満を抱えている」と自らを称した指揮官。プレッシャーのないワールドカップなどないとし、以前から掲げている夢を改めて口にした。

「私の夢は銀座でパレードすることですが、そのためには成功しないと。いい試合をして成功しないと。まだまだ銀座から程遠い状態です。地理的にも状況的にも。日本代表監督としてそう思ってます。チーム全員で銀座、できる日を夢見てます」

日本代表、ロシアW杯に向けた新アウェイユニフォームを発表!初の“日の丸”デザイン

3か月後に迫ったロシアワールドカップに向け、欧州遠征を実施しているヴァイッド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表。

彼らの新しいアウェイユニフォームが、本日3月20日に発表された。

Japan 2018 adidas Away

日本代表 新アウェイユニフォーム

日本代表の新アウェイユニフォームは、純粋無垢な白を基調とした、近未来調のライトグレーをベースカラーに採用。

これは、今回のワールドカップモデルのコンセプト『勝色(かちいろ)』のストーリーに因んだものだ。

藍染というジャパンブルーの原点に立ち返り、日本の伝統色である深く濃い藍色である【勝色】をまとったホームユニフォームに対し、この新しいアウェイユニフォームは、濃い藍色に染める前のまっさらな白い生地からインスピレーションを受けている。

日本代表 新アウェイユニフォーム

また、日の丸のカラーである白と赤を近未来的にライトグレーで表現しており、光の当たり方によって色が変化。「光り輝く未来」を表現している。

日本代表 新アウェイユニフォーム

デザインの特徴である左肩のグラフィックは、日本が初めて優勝した1992年の国際大会で着用していたユニフォームを現代に再現。

日本代表 新アウェイユニフォーム

三つのバーは、それぞれ微妙に異なるデザインとグラデーションカラーで、日本人のきめ細やかさ、さらに過去/現在/未来という時の流れを表現。より強い日本の未来を創造できるようにという想いが込められている。

日本代表 新アウェイユニフォーム

こちらがベースになった懐かしのユニフォーム!

日本代表 新アウェイユニフォーム

ナンバーやロゴには赤色を採用。サッカー日本代表アウェイユニフォームとしては初めて青色を一切使わない白と赤のみの配色にすることにより、日の丸のカラーを近未来的に表現している。

日本代表 新アウェイユニフォーム

なお、今回初めてすべてのカテゴリーにおいて統一のデザインとなっており、首元の内側に搭載されたサインオフロゴには、過去の5大会分のユニフォームのアイコニックなデザインが組み合わされている。

日本代表 新アウェイユニフォーム

パンツとソックスは白を採用。シャツのみで見た場合とはまたイメージが少し異なっている。

日本代表 新アウェイユニフォーム

全身ではこんな感じだ。

日本代表 新アウェイユニフォーム

過去20年間で積み重ねてきた歴史や経験を背負い、真の勝利をもぎ取りに行くという強い意志を表現した新ユニフォーム。

3月20日(火)18:00からadidasオンラインショップにて先行発売がスタートしており、3月27日(火)0:00からは一般販売も開始される。

日本代表は、3月23日に行われるマリとの親善試合でこの新アウェイユニフォームを初使用するとのことだ。

徳島のクラブ貸与品が「メルカリ」に出品…社長「貸与か譲渡かの認識があいまいだった」

徳島ヴォルティスは24日、ユースに所属する3選手がクラブの貸与品と譲渡品をインターネットのフリーマーケットアプリ「メルカリ」に出品していたことを公表した。

本件に対して岸田一宏代表取締役社長は「ユース所属の3選手がクラブからの貸与品・譲渡品をインターネットのフリーマーケットアプリに出品をおこなった事象により、多くの皆様に多大なるご迷惑、ご心配をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます」と謝罪。

どういった経緯でこのような事象が起こったのか?岸田社長は以下のように説明する。

「ユースの選手にはこれまでトップチームの選手が使用した練習着やユニフォームなどを貸与したり譲渡したりしております。そのなかで貸与か譲渡かの認識があいまいとなったクラブの管理体制の不足があったことが、このたびの事象の原因であると受け止めております」

「この事象を深く反省し、クラブの信頼回復が得られるよう、今後の改善へ向けて全力で努めて参る所存でございます」

なお、クラブは3選手について、20日間の清掃活動などの奉仕活動、個人面談による再発防止の指導等を行うとしている。

さらに「貸与品・譲渡品について、クラブの管理体制に問題があったと認識しており、今後このようなことが起きないよう再発防止に努めていきます。加えて、アカデミーに所属する全選手への指導を強化していく方針です」と今後の方針を発表している。

ロシアW杯出場に向けてアピールが求められる“ボーダーライン組”…初戦・北朝鮮戦の勝利が第一関門に

2018FIFAワールドカップ ロシア前、最後の国際大会となるEAFF E-1サッカー選手権決勝大会(E-1選手権)。数少ない本大会メンバー入りの可能性を賭けたサバイバルマッチが、9日の北朝鮮戦(東京・味の素スタジアム)からいよいよ幕を開ける。

4日から東京都内で事前合宿に入っていた日本代表だが、12月2日のJ1最終節・ジュビロ磐田戦で右ひざを負傷した西大伍(鹿島アントラーズ)が合流前に辞退。合宿突入後には左肋骨骨折と左足首痛を訴えた杉本健勇、6日の練習中に頭を強打した清武弘嗣の両セレッソ大阪勢もチームを離れることになった。

彼らに代わって室屋成(FC東京)、川又堅碁(磐田)、土居聖真(鹿島)の3人が追加招集されたが、メンバー23人のうち国際Aマッチ未経験者が10人という国際経験の乏しい陣容なのは間違いない。そんなチームをヴァイッド・ハリルホジッチ監督がいかにしてマネジメントするのか。2年前の2015年中国大会(武漢)では1分け2敗とまさかの最下位に沈んだだけに、その二の舞だけは許されない。

■初戦のスターティングメンバーは?

差し当たって重要なのは初戦だ。ノルウェー人のヨルン・アンデルセン監督率いる北朝鮮は安柄俊(ロアッソ熊本)、金聖基(FC町田ゼルビア)、李栄直(カマタマーレ讃岐)のJリーグ所属3選手を含む陣容。屈強なフィジカルを生かした肉弾戦に挑んでくるだろう。オーストラリアや韓国を渡り歩き、卓越したアジア経験を誇る高萩洋次郎(FC東京)も「相手は日本に対してモチベーション高く来るし、守備のところは体にぶつかってきて自由にプレーさせない狙いでやってくる」と警戒心をあらわにしていた。ハリルホジッチ監督もデュエルを前面に押し出すサッカーを志向しているだけに、一対一の攻防はまず負けられない。そこは最大のキーポイントになりそうだ。

日本の先発はGK中村航輔(柏レイソル)、DF(右から)室屋成(FC東京)、三浦弦太(ガンバ大阪)、昌子源(鹿島)、車屋紳太郎(川崎フロンターレ)、ボランチ・今野泰幸、井手口陽介(ともにG大阪)、トップ下・高萩洋次郎(FC東京)、右FW小林悠(川崎F)、左FW阿部浩之(川崎F)、1トップ・金崎夢生(鹿島)の4-2-3-1が有力視される。高萩のところに大島僚太(川崎F)、阿部のところに倉田秋(G大阪)が抜てきされる可能性はあるものの、昌子、今野、井手口ら軸を担うメンバーは不動のはずだ。

このうち、すでにロシア当確と見られるのが井手口と昌子。井手口は2017年に入って8試合に出場している通り、指揮官の信頼は絶大だ。彼自身もプレーでチームをけん引しようという意識が日に日に高まっていて、非常に頼もしい。今回は大黒柱として攻守両面で圧倒的な存在感を示すべきだ。

一方の昌子も、10月のニュージーランド(豊田スタジアム)・ハイチ(日産スタジアム)2連戦以降は槙野智章(浦和レッズ)の後塵を拝する格好となっているが、センターバックの重要な戦力の1人に変わりない。今回は槙野も欧州組の吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)もいないだけに、彼が最終ラインのリーダーとして守備陣のみならず、チーム全体を統率する必要がある。その役割をよく理解しているから、練習でもつねに先頭を走り、声を出している。本人は「僕は鹿島でキャプテンマークを巻いていないけど、チームでもずっと先頭を走っているし、海外組がいる中でも極力先頭を走ろうと思っているから」と謙遜していたが、最終予選終盤につかんだ代表レギュラーを奪回したい思いは強い。そこに近づけるような守備リーダーとして発信力を示してほしい。

■ボーダーライン組にとってのラストチャンス

それ以外のメンバーは、本大会出場を目指して懸命のアピールを見せなければならないだろう。とりわけ、ロシア大会のアジア予選に出場した金崎、小林、今野の3人は最終メンバーに滑り込める可能性が少なくないだけに、この好機を生かすしかない。

金崎は2015年11月の2次予選・シンガポール戦(シンガポール)と2016年3月の同・アフガニスタン戦(埼玉スタジアム)でそれぞれ1点ずつ奪っていて、得点能力の高さとゴール前でのアグレッシブさは折り紙付き。アジアトップレベルの相手にその能力を堂々と出せれば、ロシア行きの道も開けてくる。実際、1トップに関しては、大迫勇也(ケルン/ドイツ)以外は横一線。日本代表111試合出場50得点の岡崎慎司(レスター/イングランド)でさえ復帰できるか未知数だ。それゆえ、金崎には少なからずチャンスが広がっている。それを頭に入れて、北朝鮮戦のピッチに立ってほしい。

2017年JリーグMVP&得点王に輝いた小林も今まさに旬の選手。久保裕也(ヘント/ベルギー)、浅野拓磨(シュトゥットガルト/ドイツ)、本田圭佑(パチューカ/メキシコ)がしのぎを削る右FWに滑り込むのは至難の業だが、小林が今大会でゴールを量産し、FWとしてマルチな能力を示すことができれば、状況も変わってくる。今回の事前合宿でハリルホジッチ監督は金崎と小林の2トップもテストしていたが、彼にはそういう起用法も考えられる。そこもメリットと言っていい。2016年10月の最終予選・オーストラリア戦(メルボルン)でも前線からのアグレッシブな守備、ゴール前への推進力を見せていて、アジアレベルなら十分やれるはず。ここはエース級の働きを示すことが肝要だ。

国際Aマッチ90試合4得点の今野にも「代表魂」を示してもらう必要がある。2014年ブラジルW杯経験者の清武が離脱した今、真の世界レベルを知るのは彼しかいない。本人もブラジル大会最終戦のコロンビア戦(クイアバ)について「中盤での球際だったり、ルーズボールってのは全部持っていかれた。パススピードもムチャクチャ速かったし、差をすごい感じた。チームとしてやることも大事だけど、やっぱ個も上げないといけない」と神妙な面持ちで語っていた。その経験値はフレッシュなメンバーの多い今回の日本代表にとって非常に大きい。本人も「ハリルジャパンでは新人」というチャレンジャー精神を前面に押し出していくつもりだ。その飽くなき向上心とタフなメンタリティーは必ずチームにプラスに働くだろう。

こうした面々を軸に一体感を持って戦い、北朝鮮を下すことができれば、2大会ぶりの東アジアタイトル獲得も現実味を帯びてくる。韓国のシン・テヨン監督が「韓国はこれまでこの大会で3回優勝したが、連覇したチームはない。今回それを達成するのではないかと思う」と自信満々にコメントしていたが、そのプライドを打ち破ることが日本代表に課されたノルマだ。そういう機運を盛り上げるためにも、まずは初戦で北朝鮮にいい内容で勝ち切ること。それを日本代表には強く求めたい。

今野泰幸、E-1優勝へ向け気合十分「2位だったら何も残らない」

日本代表は16日、EAFF E-1サッカー選手権第3戦・韓国代表戦を行う。大会優勝を懸けた最終戦を控え、MF今野泰幸(ガンバ大阪)が意気込みを語った。

日本はここまで2連勝で首位。韓国は1勝1分けで2位となっている。勝ち点差は2で、この試合結果で優勝が決まる、まさに大一番だ。「2位だったら何も残らないですからね」と、とにかく結果にこだわる今野。「どんな内容だろうと、気持ちで負けないようにがむしゃらに戦いたい」と気合は十分だ。

12日に行われた中国代表戦で今野は、珍しくアンカーのポジションを任された。「最低限のことはできたかなと。ポジショニングが重要。自分は本能的に動いてしまうんで、あそこを空けてしまうことが多いんですけど、本能的にやらないようにプレーしました」と振り返る。若いメンバーの多い今回の代表メンバーとのコンビネーションについても、「みんなサッカーを知ってるし、徐々に良くなっていると思います」とまずまずの手応え。

「自分はいろいろ経験してきてる。いろんな要求がある中で自分の特徴を出していかないと生き残れないし、それができないんだったら外れてくだけ」と代表生き残りへの強い思いを口にした。

試合は味の素スタジアムで19時15分にキックオフを迎える。

C大阪MF清武弘嗣が負傷に言及「いまは何も考えられない」…3月の代表戦に暗雲?

セレッソ大阪MF清武弘嗣が自身の負傷について言及した。

セレッソ大阪MF清武弘嗣は19日、自身のインスタグラムに負傷に言及する投稿を行った。

清武は自身の試合写真とともに、「去年から何をしてるんだ。怪我ばっかり。そう思っている人はたくさんいるはずです。でも、自分でもそう思っています。キャンプから順調にきて、コンディションも良かったのですが。今は正直何も考える事ができません。また元気な姿を見せれるように頑張ります。」と投稿した。

全治など負傷の詳細について触れていないが、直近のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)やリーグ戦のほか、3月に行われる日本代表の欧州遠征、FIFAワールドカップ ロシアのメンバー選考にも影響が出る可能性がある。なお、19日18時時点で、C大阪からのリリースはない。

清武は大分県出身の28歳。5年ぶりのJリーグ復帰となった昨季は、J1リーグ戦18試合に出場して6得点を記録。今季より背番号10となり、チームの副キャプテンに任命されていた。

C大阪は21日、ホームでACLグループステージ第2節を戦い、25日に横浜F・マリノスをホームに迎え、明治安田生命J1リーグ開幕戦に臨む。

サッカー選手本田圭佑 日本代表の名言集

こちらはサッカー選手 日本代表の名言をまとめるブログです。本田圭佑、長友佑都、中村俊輔、澤穂希(なでしこJAPAN)、大久保嘉人、内田篤人などの名言を集めてみました。ぜひ明日への活力になることを願って、一緒に勉強しましょう。

本田圭佑(サッカー日本代表
「未来が誰にもわからない中でどれだけ自分を信じてやれるか。未来を信じてやれるか」

「人生は上がるか、落ちるかのどちらかでしょ。安定っていうのは横棒の状態のことを言ってるんでしょ? 誰かがそれを安定と呼んだだけで、僕からしたら横棒というのは下に落ちているわけで。」

「目の前には鍵のかかっていない扉がいくつもあって、自分次第でどこまでも開いていける」

「限界を作るな。一歩先へ、一歩先へ。」

「誰になりたいって誰にもなりたくないです。自分が好きですし、自分の人生に誇りを持って生きてますし。自分が大好きって本当に大事だと思います」本田圭佑(「もし生まれ変わるなら誰になりたいか?」という質問に対して)

「挫折は過程、最後に成功すれば挫折は過程に変わる。だから成功するまで諦めないだけ。」

「子供っていうのは、ガチに憧れる。だって小さい頃は、将来は大金持ちになりたいとか、イタリアのACミランの選手がカッコいいとか思いませんでした?だからサッカー選手っていうのは、カッコつけなきやあかんのですよ。カッコつけで当たり前。」

「人って誰しもがうまくいかなかったときにちょっと自分を疑うと思うんですね。そのときにいかに自分を信じることができるか。信じるっていうのは本当に希望そのものなんですよね」

「サッカーって基本的に今の僕もそうなんですけど、うまくいかないことのほうが多いです。そのたびにムカつくし、落ち込むし、でもうまくいく喜びを知っているから、また明日に向けて良い準備をしようと」

「俺なんて全然、天才タイプじゃないし。それで才能がないから諦めろなんて言われたらどんだけの人が一瞬で諦めなきゃあかんねん。」

「自分の力を信じるってことですかね。そしたら必ず神様はね、それを見ているし神様からのビッグサプライズを期待してがんばるだけですよ」

「ただ、勘違いしちゃいけないのは、下に落ちるっていうことが、進化してないということではないんですよ。下に落ちるのも、次に昇るための変化かもしれない。昇るために、落ちることが必要なこともある。」

「うまくいくのは10回のうちせいぜい2回。成功率はたった2割だ。挑戦の8割は失敗に終わる。逃げよう。諦めよう。もうだめだ。そこまで追いつめられて初めて強い自分が現れる。そして思うんだ。 こいつを信じよう。」

「壁があったら殴って壊す。道が無ければこの手で作る。」

「願ったことに対してできひんかったら、言い訳をせずに自分の願いが弱かったと。自分の情熱が弱かったと、それを僕は理由にするべきだと思いますね。人のせいにするわけでもなく状況のせいにするわけでもなく、もっとやれたんじゃないかと」

「情熱は、足りているか」本田圭佑(試練に直面した時、自らに問いかける言葉)

「奇跡を起こすのはあくまでも自分の行動。偶然ではない。そこは必然だったと考えるべきだと思う」

「ハングリーでい続けることです。お腹いっぱいになったら、ご飯食べないでしょ、みなさん。その飢えてるという状況が、サッカーだけではなく、いろんな業種に必要なんじゃないかな」

「なんかもう神様がいらん障壁ばっか立てますけど、望むところですよね。この壁だって神様に感謝しないと、この状況を与えてくれてありがとうって」

「ケガしたことは残念ですけど、しょうがないですし、ケガして思ったのは、僕、チャンスやなと。おれは、チャンスやなと思ってるんですけどね。」

「失敗を乗り越える道はたったひとつしかない。己を頼りに成功するまでやり続けること。絶対不可能な『夢』を実現する、それが唯一の方法。」

「僕にとっての強さの定義っていうのは、自分に打ち克てるかどうかが強いかどうかなんじゃないかと思います。人生を生きて本当に自分と向き合ってますし、自分に問いかけていることが多いんで自分と向き合って自分に打ち克つことそこに尽きるのかなと」

「僕が誇れることは課題の多さ。世界で一番課題が多いこと。その伸びしろに(可能性を)感じてるんです。まだまだ伸びるって(…)その10日間(合宿)で全てが変わるわけじゃない。でも、10日間でその後の全てを変えるきっかけにする」

「勝負を決めるのは準備。 なかでも気持ちの準備以上のものはないと思う。」

将来の夢 「ぼくは大人になったら、世界一のサッカー選手になりたいと言うよりなる。
(中略)
Wカップで有名になって、ぼくは外国から呼ばれてヨーロッパのセリエAに入団します。 そしてレギュラーになって10番で活躍します。」

日本代表選手本田圭佑

「1年後の成功を想像すると、基本の地味な作業に取り組むことができる。僕はその味をしめてしまったんですよ。」

日本代表選手本田圭佑

「地位や安泰なんて考えるようだったら、今の僕はない。」

日本代表選手本田圭佑

「日本はすぐネガティブな方に考え方が向くでしょ。子どもたちがもっと”こうなりたい”って思いを素直に口に出して、それをポジティブに応援してあげられる社会になっていければいいと思う。」

日本代表選手本田圭佑

「人生24時間の一日のなかで余った時間は他にもあるわけですよ。 それを他の奴が休んでる間に走ることに着手すれば、プラスαこのちょっと伸びたら凄いことになる。」

日本代表選手本田圭佑

「遠回りしたことで学んだこととか、遠回りしないと学べないことってあると思うんですよね。そういうサッカー選手としてだけでなく、人として大切なことも学べてるんで、そういう意味ではホントいい感じできてますけどね。」

日本代表選手本田圭佑

こちらは2018日本代表ユニフォームサッカー日本代表新ユニフォーム「勝色」を業界で最安値に挑戦します。日本代表の応援グッズ、在庫豊富で、気になる商品があるなら、ぜひ騎士サッカーショップへどうぞ!

2018年ロシアW杯に向けた各国の新ユニフォームまとめ(1)

更新

※出場国以外も含みます。

フランス/Nike (H,A)

France 2018 Nike Home

フランス代表 ユニフォーム

 

フランス代表 2018 Nike ホーム ユニフォーム

ラファエル・ヴァランが着用モデルのホームキットは、ネイビーを基調にスリーブ部分にブルーを配している。肩から袖にかけてのギザギザがヴェイパーニットの特徴的なデザイン。

エンブレムの素材は以前の物よりも64%軽量となり、シャツは空気流量の増加により通気性が向上している。

フランス代表 2018 Nike ホーム ユニフォーム

新しいホームキットはクラシックなボタンダウンの襟を採用。胸のボタンにはフランス共和国の標語“Liberté, Égalité, Fraternité”(自由、平等、友愛)をエンボス加工しているという。

胸番号はイングランド代表などと同様に右胸のスウッシュ(Nikeロゴ)下にプリントする。

ペルー/Umbro (A)

Peru 2018 Umbro Away

ペルー代表 ユニフォーム

 

ペルー代表 2018 Umbro アウェイ ユニフォーム

ホームキットと同じくクラシックで伝統的なデザインのユニフォーム。レッドはペルー国旗色で「勇気と愛国心」を表す。襷(たすき)にゴールドのパイピングを施している。

ペルー代表 2018 Umbro アウェイ ユニフォーム

肩にはUmbro“ダブルダイヤモンド”をプリント。胸のメーカーロゴマークはゴールドの刺繍であしらっている。前述の通り2018年夏からはMarathonのキットを使用するため、W杯を最後にUmbroとはいったんお別れになる。

ナイジェリア/Nike (H)

 

Nigeria 2018 Nike Home

ナイジェリア代表 ユニフォーム

 

ナイジェリア代表 2018 Nike ホーム ユニフォーム

ホームキットはシンプルだった2016-17モデルとは異なり、思わず目を奪われる鮮烈なデザイン。この柄は鷲の翼をイメージしたフェザーパターン(羽模様)だという。パンツはホワイト、ソックスはグリーンを基調としている。

素材には、最新の技術を駆使して軽量化に成功し、通気性能が向上したNike“ヴェイパーニット”を採用している。

ナイジェリア代表 2018 Nike ホーム ユニフォーム

このインパクトがあるデザインは、Nikeが初めてナイジェリア代表を担当した1994年のホームキットへのオマージュとのこと。ボディ部分とスリーブ部分の色分けは、Nikeの1994モデルそのものだ(※94年W杯まではadidasのキットを使用していた)。

イングランド/Nike (A)

England 2018 Nike Away

イングランド代表 ユニフォーム

 

イングランド代表 2018 Nike アウェイ ユニフォーム

ホームキットと同じくNikeヴェイパーニットの特徴であるジグザグのグラフィックが独特。前面にはイングランド国旗のセント・ジョージ・クロス(Saint George’s Cross)のグラフィックをあしらった。

イングランド代表 2018 Nike アウェイ ユニフォーム

パンツはホワイト、ソックスはレッドをそれぞれ基調としている。上からレッド-ホワイト-レッドのコンビネーションは、1950年代から受け継がれているクラシックなスタイル。1966年のW杯優勝チームもこの組合せだった。

イングランド代表 2018 Nike アウェイ ユニフォーム

ボディと袖は濃淡を付けた2色レッドのツートンカラーになっている。

騎士サッカーショップは定期的にサッカーユニフォームを掲載しながら激安のsports用品を提供しています、是非ご来店ください

 

サガン鳥栖 2015新ユニフォーム

こんにちは

ご訪問下さりありがとうございます

今日はサガン鳥栖 ユニフォームをご紹介致します

2011年、正式な指揮官に就任したOBのユン・ジョンファン監督のもと(※ヘッドコーチ時代の2010シーズンから実質的な指導を行っていた)、初のJ1昇格を成し遂げたサガン鳥栖。

翌2012シーズン、J1の初年度でいきなり5位の好成績を収めると、厳しい戦いとなった2013シーズンも12位で残留。そして昨季は、元日本代表DF安田理大やDFキム・ミンヒョク、MF谷口博之などを獲得し、自他ともに認めるクラブ史上最強の陣容でシーズンの開幕を迎えた。

チームは開幕戦で昇格組の徳島ヴォルティスに5-0の大勝を収めると、2節では浦和レッズにアウェイで1-0と勝利。その後もリーグ屈指のハードワークを武器に白星を重ね、18節の名古屋グランパス戦を終えた段階で首位に立っていた。

ところが、そのわずか5日後、クラブは電撃的にユン監督を解任。チーム作りに対するビジョンや考え方の相違など、将来を見据えた上で総合的に下された判断のことで、とにもかくにも首位チームの監督がクラブを去り、コーチの吉田恵氏が後任として指揮を執ることに。一旦はポゼッション重視のスタイルに転換を図ったものの上手くいかず、結局はユン監督時代の縦へ速いサッカーへと回帰し、終盤8試合は5勝1分2敗。2013シーズンと同じ5位で、激動の一年を終えた。

今オフは、移籍が囁かれていたエース豊田陽平との契約延長に成功。J1で過去3シーズン、19、20、そして昨季も15ゴールを決めた29歳の日本代表ストライカーが今季もチームの中心に座る。

新監督には森下仁志氏を迎え、森下監督の古巣である磐田からMF菅沼実(※昨季も期限付き移籍)、MFペク・ソンドンを獲得。昨季の主力では安田がヴィッセル神戸へ移籍している。

sagan-tosu-2015-new-balance

さて、2013年からWarriorのサポートを受けてきた鳥栖だが、本日5日、既にお伝えしたようにWarriorの親会社であるNew Balanceがサッカーへの参入を発表。

鳥栖はNew Balanceとの新たなサプライヤー契約を発表するとともに、注目の新ユニフォームをお披露目した。

sagan-tosu-2015-new-balance

Sagan Tosu 2015 New Balance Home

ホーム(1st)は、従来のサガンブルーとピンクを継承し、ユニフォーム中央にはクラブの象徴であるカチガラスの羽をモチーフにした立体的なデザインをあしらい、「躍動感」や「迫力」を表現。

また、特徴的な襟元には「冷静さ」を表す青と「柔軟さ」を表すピンクのアシンメトリーなデザインが施され、どんな状況でも冷静に、しなやかに試合を展開するサガン鳥栖イレブンをイメージ。

襟の内側には、チームスピリットである『True champions in the hearts of all who love Sagantosu.(サガントスを愛する全ての人と共に、真のチャンピオンになる)』の文字が印字されている。

sagan-tosu-2015-new-balance

機能面も充実しているようで、ホームは運動時に大量の汗が発生する背中部分に「NBロゴ(フライングNB)」をイメージしたNew Balanceオリジナルのメッシュ素材を使用。衣服内の温度コントロールを強化し、選手のパフォーマンス低下を抑える。

サガン鳥栖 ユニフォーム2017を探すなら、sports-instyleへどうぞ。最新シーズンのホーム ユニフォームを販売開始。15000円以上購入したら、全国配送無料。

いつでも大歓迎です